こわい系

ぶちおの本棚

『泪~泣きむしの殺し屋~』自分の存在を殺して生きてきた女。メッセージ1つで、殺人を請け負うことに。

2021/12/16    , ,

ぶちおです。今回は『泪~泣きむしの殺し屋~』をご紹介しようと思います。地味で暗い自己肯定0な女性は、ヘアメイクとドレスで一気に美しい女性に変貌します。誰もが振り返る美貌を隠していた女性は、わけあってそ ...

ぶちおの本棚

『鬼獄の夜』男は処分、女は生贄。鬼に追いかけられて、朝を迎えられる人間はいないんだよ。

2021/12/10    , ,

ぶちおです。今回は『鬼獄の夜』をご紹介しようと思います。タイトルからしてコワイ系だろうというのはビンビコ感じますね。古くからの因習、夜の間にだけ現われる鬼は容赦なく暴虐の限りを尽くす!人間の業の深さも ...

ぶちおの本棚

『私とこわれた吸血鬼』王子様の正体は、吸血鬼。最強のヤンデレカプが爆誕した模様です。

ぶちおです。今回は『私とこわれた吸血鬼』をご紹介しようと思います。もちろん吸血鬼との恋愛ものなんじゃろうと思って、読んだのですが…想像以上の出血量じゃったよ!!これはもうサスペンス並みではないでしょう ...

ぶちおの本棚

『運命の絵』1枚の絵に凝縮されている物語。『怖い絵』シリーズの作者が、またも知識を与えてくれる!

2021/11/16    ,

ぶちおです。今回は中野京子先生の『運命の絵』をご紹介します。『怖い絵』シリーズも好きなぶちお、何年か前の怖い絵展にも行きました。あまり西洋画にふれてこなかったのですが、中野先生の本を読んでから西洋画に ...

ぶちおの本棚

『5分後に意外な結末 ベスト・セレクション 黒の巻』さくっと読んで、想像力を全力刺激!ちょっとビターな内容です。

2021/11/11    , ,

ぶちおです。今回は講談社刊『5分後に意外な結末 ベスト・セレクション 黒の巻』をおすすめしていきます。学研から刊行されているシリーズを、再編集された作品とのことです。電子書籍で、セールになっていたので ...

ぶちおの本棚

『異端の祝祭』この世とあの世の境。日本と西洋の文化の混合。のまれた人々は助かるのか…

2021/11/10    , ,

ぶちおです。今回は角川ホラー文庫刊『異端の祝祭』をご紹介します。発売前から、界隈がざわざわと注目していた作品でやっとこ読了しました。カルト的な儀式に巻き込まれた妹を心配した兄が、心霊関係の問題を解決す ...

ぶちおの本棚

『往生際の意味を知れ!』元カノからのトンでも依頼。美しき復讐者と、一途な従者は思いを遂げるか!?

2021/10/29    ,

ぶちおです。今回は『往生際の意味を知れ!』をおすすめしようと思います。アメトーーク!!の漫画大好き芸人でしたっけ?で紹介されていて、気になった作品です。感想文では、テレビではぼやかされていた部分に触れ ...

ぶちおの本棚

ホラーが好きなら外せない伊藤潤二作品!日常に潜む恐怖を体感できます、美少女もおすすめポイント☆

2021/10/27    ,

ぶちおです。今回はホラー界の巨匠、伊藤潤二先生作品をご紹介しようと思います。がっつりホラー、時にSFチック、緻密な点と線で描かれる恐怖は唯一無二です。この記事を書くにあたり、持っている作品を改めて読み ...

ぶちおの本棚

駕籠真太郎作品を電子書籍で読みました!エログロ作品が好きならば、通る作家さんだと思っています。

2021/10/19    ,

ぶちおです。今回は駕籠真太郎先生作品をまとめてご紹介しようと思います。店頭書店員時代、壁の棚の漫画好きが大好物な棚がありました。そこには常時、駕籠真太郎作品が並んでいました。あまり聞き馴染みのない出版 ...

ぶちおの本棚

『花園メリーゴーランド』今もまだ、どこかにあるかもしれない風俗。民俗学って何か気になる。

2021/10/17    , ,

ぶちおです。今回は『花園メリーゴーランド』をご紹介しようと思います。少し昔、ネットの広告でガンガンはねた作品です。ちょっとこわい雰囲気がありながらも、性風土的な物語です。日本のどこかで本当にある、かも ...

© 2022 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5