KADOKAWA

ぶちおの本棚

『花子と寓話のテラー』都市伝説を解決する寓話探偵。口裂け女、テケテケ、懐かしの怪異に出会えます。

ぶちおです。今回は『花子と寓話のテラー』をご紹介しようと思います。懐かしいなぁ~紙本で持っていましたが、電子でも全巻揃えちゃいました。紙本1巻の発売が2006年、ぶちおもリアルタイムで買っていたことを ...

ぶちおの本棚

『お孵り』生まれ変わりを狂信する村。因習、過去に起きた事件、悪しき転生から逃げられるのか。

2024/2/8    , ,

ぶちおです。今回は『お孵り』をご紹介しようと思います。第39回横溝ミステリ&ホラー大賞読者賞受賞作品、これはわくわくです。里帰り出産、怪しい村、過去に起きた陰惨な事件。ハラハラしっぱなしの転生 ...

ぶちおの本棚

『さあ、地獄へ堕ちよう』死にたがりが溢れる現世は地獄だろうか。サイコ展開に目が離せない!

2024/2/6    , ,

ぶちおです。今回は『さあ、地獄へ堕ちよう』をご紹介しようと思います。主人公の退廃的な雰囲気からのやけっぱちっぷり、とてもいいです。身体改造から闇のSNSまで、どちらかといえば影寄りの住人達の蠢きを感じ ...

ぶちおの本棚

『百鬼調書 怪異調査はこちらまで』ヤバイものを確認して生きて帰ることが業務内容。やりがいは、多分ある!

ぶちおです。今回は『百鬼調書 怪異調査はこちらまで』をご紹介しようと思います。昔から妖怪、幽霊、あやかしジャンルは根強い人気があります。恐怖のウエイトも大事です。とにかく怖い!やばい、泣きそう!くらい ...

ぶちおの本棚

『欺瞞の殺意』刑期を終えて、当時の事件についての考察を交わす書簡。残忍過ぎる犯行は誰がやった。

2023/12/14    , ,

ぶちおです。今回は『欺瞞の殺意』をご紹介しようと思います。自分を刑務所に送った真犯人が許せない。執念がどのような結末に結ぶのか。人間の深すぎる業を見たような、ぞわぞわ感がありました。こわいお手紙のやり ...

ぶちおの本棚

『人間狩り』20年前の犯行映像は、何の目的で売り出されたのか。日常に息づく狩人たちの顛末。

2023/10/29    , ,

ぶちおです。今回は『人間狩り』をご紹介しようと思います。タイミング的に、日テレのミステリーナイトのドラマの記憶があったので、だいぶ系統が近かったかなと。ミステリーというよりかは、メッセージ強めのヒュー ...

ぶちおの本棚

『血まみれスケバンチェーンソー』マッドな同級生がとんでも実験をなしえてしまう。ふんどし締めて殲滅せよ!

2023/10/27    , ,

ぶちおです。今回は『血まみれスケバンチェーンソー』をご紹介しようと思います。紙本の第1巻は、2012年11月発行と奥付を確認しました。もう干支が一回りということに衝撃です!ぶちおが店頭書店員時代、バッ ...

ぶちおの本棚

『民俗学がわかる事典』なぜか知ってるあの風習!日本人の共通認識が分かるかもしれない。

2023/10/21    ,

ぶちおです。今回は『民俗学がわかる事典』をご紹介しようと思います。なんだかんだ、ミステリ好きは民俗学も好きだと認識しています。なんせ怪しい風習のある島では事件が起こりがちですから!!レッツ民俗学。 民 ...

ぶちおの本棚

『瑕死物件 209号室のアオイ』マンションの住人達が出会う男の子。あちらの世界の住人か…

2023/10/9    , ,

ぶちおです。今回は『瑕死物件 209号室のアオイ』をご紹介しようと思います。Theホラー文庫という作品です。舞台はマンション丸々一棟です。いやぁ~集合住宅独特の恐怖もあります。何号室の○○さん、不幸だ ...

ぶちおの本棚

時たま、無性に欲しくなる恐怖という感覚。単巻で楽しめる怪奇作品4選!

ぶちおです。今回は単巻もので楽しめるホラーテイスト作品を4つ、紹介しようと思います。なぜかふいに、怪談とか気になるバイオリズムがあります。夏以外でも怖い話は楽しみたい!時代とともに、ホラー業界も進化し ...

© 2024 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5

Verified by MonsterInsights