ぶちおの本棚

『マーダーハウス』次々に入居者が消えるシェアハウス。条件良すぎるのに破格の値段はウラしかない!

2024年1月31日

ぶちおです。

今回は『マーダーハウス』をご紹介しようと思います。
そのタイトルからもうわくわくですね。とんでもないお家に違いない!
そう思った時にはポチっていました。
後からじんわり考察できるタイトルもいいですが、ここまでストレートなタイトルもやっぱりいいです。

おいしい話には、必ず何か隠されているということでしょうか。

マーダーハウス (実業之日本社文庫)

新品価格
¥798から
(2023/11/26 20:17時点)

こんな人にオススメ

☆ラストに加速する恐怖が欲しい
☆シェアハウスに憧れる
☆男女8人の物語に鼻が利く
☆ざんない結末も受け入れる

書籍概要

◆作品名  マーダーハウス
◆著者   五十嵐 貴久
◆出版社  実業之日本社

大学合格を機に住居を探していた理佐は、偶然シェアハウス「サニーハウス鎌倉」を見つける。そこはセレブの別荘のような豪華な外見と設備、格安な家賃と好条件ばかり。すぐに住むことを決め、充実した日々を送っていたが、同居人が立て続けに死亡する。不安を抱いた理佐は高校時代の友人に相談するが……。予想外の結末、震撼のサイコミステリー。

Amazon『マーダーハウス』作品内容より

ぶちおの読書感想文

『マーダーハウス』
入居者が次々に消えていく…予想外の結末…
これはもう顔がてかてかになって、いっき読みです。

本作の主人公は、理佐。
一浪して希望の大学に入ることが決定し、新しい住居を探していました。
親の負担を軽くしたい、でも女性の一人暮らしだと治安面も気になる。
友人にシェアハウスを勧められて、ネットで検索をするととんでもない好条件の物件を見つけます。

シェアハウス「サニーハウス鎌倉」築10年とは思えない、綺麗な外観、防犯対策もしっかり、部屋も広い!
プールもあるし、バーベキューだ出来る庭もある。
個室も広いし、家具も備え付け、お風呂までついている。
至れりつくせりで、毎月四万五千円!!破格過ぎる!!

難点と言えば、ほぼ山奥といってもいいような場所に建っているということ。
駅からも、バス停からも遠い。歩道も悪路と言ってもいいくらい。
車が無ければとにかく不便という場所です。
周囲に人家もなく街灯もないので、夜の一人歩きはおすすめ出来ない。

そのマイナス面を差し引いてもお得すぎる条件なので、理沙は不動産に猛プッシュをして部屋をおさえてもらいます。
シェアハウスの住人は美男美女揃い。
理沙に対しても親切にしてくれます。

素敵なシェアハウス生活開幕!と思っていたら、事故、失踪が続きます。
過去の住人にも行方不明になった人がいると、警察がやってきたり…
どうも、このシェアハウスおかしくないか?!
気付いた時には、もう逃げられない状況に追い込まれています…

シェアハウス独特の人間模様、お互いのことは干渉しすぎず、でも協力しつつという関係性。
ぶちおはシェアハウス不向き人間なので、夢のような世界でしたw
朝起きて他人がいて、家に帰ってきて他人がいて、いつでも皆笑顔というわけでもなく。
小さい不満とか、気遣いとか、無理~~w
年齢も、職業も違う男女8人ですからね。

理沙を含めて学生は4人、他4人は社会人。
学生ノリと社会人が完全に相容れる訳もなくw
でも家から出て行くのも難しいから、取り繕って仲良くするように頑張る。
むう~やっぱりぶちおには無理w

理沙は一人暮らしよりは刺激があるシェアハウスでの生活に心躍らせていましたが、
段々と人間関係がわかってくると、家を出たいなという気持ちが芽生えてきます。
自分にはシェアハウスがあわなかったんだ、お金の工面が出来たら出ていこう。
何となく、気のせいかもしれないけれど、自室に誰かが侵入しているような気がする。
変な物音も聞こえる。
何より、他の入居者がどんどんいなくなるわけですから。

謎解き、というよりはこんな奇怪な事件の顛末を見守るのみです。
正直、ラストの犯人発覚までは、こういう不幸も重なるんじゃないだろうか。失踪というか、黙って家を出て行くなんてことも珍しくはないんじゃないかと。

理沙が入居する時も不動産の立ち会いはなく、既に入居していた先住人達に迎えられています。
そして入居を祝うパーティーまで開いてくれる。
素敵やん!
だからこそ、退居する時もぷらっといなくなることもあるのかな?フフフ…

理沙の違和感を聞いて、高校の同級生も駆け付けてシェアハウスの謎解きが始まります。
理沙にいいとこ見せたい男子の頑張りどころ!

ラストにかけての凄惨っぷりは、『かまいたちの夜』の惨劇シナリオを彷彿とさせました。
どんどん倒れていく影、疑心暗鬼、正当防衛、自己弁護、種明かしとなだれこんできます。
最後はみなまで言わず、理沙達住人はどうなってしまったのか。

とんでもない動機がサイコ過ぎる。

マーダーハウス (実業之日本社文庫)

新品価格
¥798から
(2023/11/26 21:03時点)

こんな漫画もおすすめ

『マーダーハウス』を読んで、シェアハウスやら下宿やら寮やら、他人と暮らす作品から選書してみました。

めぞん一刻〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)

新品価格
¥693から
(2023/11/26 21:06時点)

『めぞん一刻〔新装版〕』
曲者揃いの住人たちから邪魔されても、新管理人・音無響子を一途に慕うけなげな五代。
こんな管理人さんがいて欲しい!
彼女が未亡人と知っても、気持ちを大事に進んでほしい。

リビングの松永さん(11) (デザートコミックス)

新品価格
¥550から
(2023/11/26 21:09時点)

『リビングの松永さん』
親の事情で叔父が経営するシェアハウスに住むことになった女子高生のミーコ。
大人男子の魅力に、たたきのめされましょう。
ひよっこ女子の共感多数!

妖狐×僕SS 11巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

新品価格
¥514から
(2023/11/26 21:11時点)

『妖狐×僕SS』
最高級マンション「メゾン・ド・章樫(あやかし)」。そこは妖怪の先祖返り達が集う妖しい館だった―――。
美男美女、素敵すぎる!!アニメも見てましたとも。
目の保養にもなりまくる作品です。

寮則は恋に甘し~現住所、男子寮につき~(1) (フラワーコミックス)

新品価格
¥506から
(2023/11/26 21:15時点)

『寮則は恋に甘し~現住所、男子寮につき~』
イケメンだらけの寮生活、始めます!
男装して男子寮に潜入は、鉄板ジャンルと言えましょう。
癖強男子からお気に入りを探そう。

まとめ

『マーダーハウス』
やっぱりね、うますぎる話は信じてはいけないという教訓やもしれません。
とくにお家系はね、何かがあるから家賃が格安だったりする訳です。
ちなみにぶちおは、事故物件のライブ映像を、深夜に死んだ魚の目で見ている時がありますw

最後のページに掲載されていた、画像。
じわります。

マーダーハウス (実業之日本社文庫)

新品価格
¥798から
(2023/11/26 20:17時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-,