ぶちおの本棚

『めぐみの家には、小人がいる』昔から悪魔の館に棲んでいて、凶暴な本性をもっている。

Pocket

ぶちおです。

今回は『めぐみの家には、小人がいる』をご紹介しようと思います。
帯から表紙から、わくわくが止まりません。
昔から童話に出てくる小人、ドワーフを信用していなかった派のぶちおです。
小さくっても恐怖を感じるものはたくさんあるのです!
意外にも蟻が地上最強説とかありますし。

いじめが起きているクラスの担任、若き先生の勇気にも胸アツです。

めぐみの家には、小人がいる (幻冬舎単行本)

新品価格
¥475から
(2023/1/27 17:15時点)

こんな人にオススメ

☆ダークホラー要素が好き
☆いじめっこは懲らしめられても仕方ない
☆小人のイメージを覆したい
☆グロみがあっても大丈夫

書籍概要

◆作品名  めぐみの家には、小人がいる
◆著者   滝川さり
◆出版社  幻冬舎

小人を怒らせるな。穴だらけで死ぬことになるぞ。
群衆恐怖症を持つ小学校教師の美咲は、クラスのいじめに手を焼いていた。ターゲットは、「悪魔の館」に母親と二人で住む転校生のめぐみ。ケアのために始めた交換日記にめぐみが描いたのは、人間に近いけれど無数の小さな目を持つ、グロテスクな小人のイラストだった――。
机の裏に、絨毯の下に、物陰に。小さな悪魔は、あなたを狙っている。
オカルトホラーの新星、期待の最新作!

Amazon『めぐみの家には、小人がいる』作品内容より

ぶちおの読書感想文

『めぐみの家には、小人がいる』
小人と聞くと、働き者で可愛いフォルムで、人目を避けてほっこり暮らしているようなイメージが多いかと思います。
しかし!物語の裏側をねちねちと読んできたぶちおによると、小人はこんな可愛いばっかりのイメージではありません。
実は人間から迫害された悪しき存在だから、人目を避けて森などでひっそり暮らしている。
実は犯罪者たちが森に追われて住み着いたのが、小人と噂されるようになった。などなど、
ダークな解釈も存在しています。

本作では、ダークサイドの小人といっていいでしょう。
可愛くて、人間を助けてくれるのが小人じゃ!と思っていると夢を壊されるやもしれません。
というか壊されます。

主人公は26歳の女性教師、美咲です。
小さい頃はいじめ被害者で、その時の経験から群衆恐怖症を発症してしまいます。

群衆恐怖症とは小さい穴がばーっと並んでいるものに対して恐怖心を抱くというものです。
ぶちおの級友にもいました。
中学校の生物の授業中、シダ植物の裏側を見て悲鳴をあげて鼻血出ちゃったんです。
その時は群衆恐怖症という名前も知らなかったですが、そういう症状もあるのだということは鮮明に記憶しています。

美咲のクラスには悪魔の館と人々が呼称する洋館に住む、めぐみというクラスメイトがいます。
色白で歴史のある洋館に住む転入生のめぐみは、早々にいじめっこグループに目をつけられます。
いじめが原因で、登校拒否になってしまいます。

いじめっこのリーダーは天妃愛とかいてソフィアと読む名前の女の子です。
ソフィアの父親は市会議員、母親はモンスターペアレントのお手本、なかなか厄介な存在です。
いじめを認識していても学校側は両親に怯えて対処ができません。
ソフィアもクソガキなので、美咲のこともなめています。

美咲自身がいじめられっこだった為、めぐみにはいじめに屈して欲しくない。
ソフィアにも毅然とした対応をしていくんだと、美咲は決意します。いい先生です。

美咲はめぐみの家に出向き、交換日記の提案をします。
学校に来なくても、交換日記で理解を深めていこうと。
とりとめのない内容から、段々めぐみが自分の近況について記してくれるようになり、美咲は喜びます。
しかし、日記の内容は不穏なものが混じるようになっていきます。

【小人がいる】
【庭に入り込んでイタズラをする猫を、小人たちが殺してくれた】
【小人は怒るとすごくこわい】

物語の前半はめぐみの登校拒否を解決していこうと動き、後半は小人という謎の存在と対峙していきます。
めぐみと、めぐみの母にとって憎い相手が小人によって…
めぐみの家の事情に踏み込見過ぎてはいけないと思いつつも、めぐみを助けてあげたいという思いの強さで、
美咲は危険に首を突っ込んでいきます。

美咲が教師として頑張る姿は胸アツです。
モンペを我慢して、モンペの子どももモンスター過ぎて手に余る。
ぶちおのクラスには、ここまで洗練されたいじめっ子はいなかったのですが、
小人に酷い仕打ちを受けるいじめっ子達の顛末は自業自得なのかなぁ~とか。
人の恨みって、底がないんやで~と。

美咲とめぐみは小人を巡って対立をします。
先生と生徒の絆は、小人の邪悪さにかつことが出来るのか?!

ラストはほっこりしてたところに冷水をぶっかけてくれます。
最後に美咲が見る光景は何色だったのでしょう。
赤か、紫か。

こんな作品もおすすめ

『めぐみの家には、小人がいる』を読んで、小人関連の作品を選書してみました。

本当は恐ろしいグリム童話 (ワニ文庫)

新品価格
¥628から
(2023/1/27 17:56時点)

『本当は恐ろしいグリム童話』
電子版がないのが残念ですが、桐生先生によって童話の裏側を垣間見るようになったぶちおです。
白雪姫をかくまってくれた小人、どうして無償で家においてくれたのでしょう。

ガリバーの大ぼうけん (ポプラ世界名作童話)

新品価格
¥1,100から
(2023/1/27 17:59時点)

『ガリバーの大ぼうけん』
例え相手の体が小さくても、多勢に無勢という言葉を教えてくれたのがこちらです。
しっかり読んだ記憶はおぼろげですが、全身を張り付けされたガリバーの姿にビビりました。

ホラー シルキー かずはし童話~こびとと靴屋とその妻と~

新品価格
¥110から
(2023/1/27 18:00時点)

『ホラー シルキー かずはし童話~こびとと靴屋とその妻と~』
靴屋の小人も好きな童話です。
小人が仕立てる靴が高く売れて裕福になっていく主人たち、日本だと鶴の恩返しに近いお話です。

牧場物語 再会のミネラルタウン 公式コンプリートガイド (ゲーム攻略本)

新品価格
¥1,000から
(2023/1/27 18:03時点)

『牧場物語 再会のミネラルタウン 公式コンプリートガイド』
牧場物語において、小人は牧場のお手伝いもしてくれます。
小人とともに牧場を切り盛りしていきましょう!

まとめ

『めぐみの家には、小人がいる』
ただの子どもの妄想だと思っていた小人という存在が…

めぐみに対するいじめ、
めぐみの母に対するママ友のいじめ、
彼女たちはただの被害者ではないようです。

何気ない事象や行動も、後に伏線回収されていきます。
過去の悲しい出来ごとを乗り越える美咲も応援しましょう!

めぐみの家には、小人がいる (幻冬舎単行本)

新品価格
¥475から
(2023/1/27 17:15時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-, , ,

© 2023 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5