劇団四季

2021/11『アナと雪の女王』観劇!細部まで見る余裕が出来てきた!今回も違っていたオーケンの客席いじり。

Pocket

ぶちおです。

今回で3回目の観劇となります。
『アナと雪の女王』みてきましたー
大分、ストーリーの流れやら曲やら、驚かしのタイミングも把握出来てきたので、変なところ注目しようと思って観劇しました。
役者さんごとの味わい方を堪能出来るレベルではないので、今回はトリビア的な部分をUPしていこうと思います。

アナと雪の女王 ブロードウェイ・ミュージカル版

新品価格
¥2,750から
(2021/11/28 00:02時点)

キャスト表

キャスト表
毎度のキャスト表です

今回の公演で初めましての方もいれば、毎度お馴染みの方もいらっしゃいます。
アナ雪に関しては、ぶちおの中でのキャライメージも固定されているので、
役者さんごとにこんなに違う!みたいなことは少なめです。
何十回も見ると、多分違いが分かるぶちおになれると思います。

オーケンのアドリブ

2幕冒頭、オーケンのアドリブがあります。
前回は、選挙について話題にしていたオーケン。
今回は各階に呼びかけて、観客を笑わせてくれました。
大体、こんな感じです。

「1階席の人ー」
(1階席拍手)
「2階席の人ー」
(2階席拍手)
「天上にいる人ー」
(静寂)
あれ?3階席あったっけって思っちゃいましたが、オーケンが一言上に向かって
「早く成仏してください」
(爆)

こんな感じでしたw
オーケンは暗くなりがちなアレンデールの空気を切り替えてくれる、いいおじさんです。

こうなってくると、どこまでこのアドリブが変わっていくのか追っていきたいですね。
年内にあと1回観劇予定あるので、そこでオーケンのアドリブに全集中しておきます。

だいぶぶちおは慣れてきた

初めて『アナ雪』を観劇した時は、どうしても映画と比較してしまいました。
曲順や演出方法についてを見比べて、戸惑いの方が大きかったです。
ちょっと歌詞が違うとか、アニメのようには出来ない部分をこう見せているのかーとか。
不満ではなく、ちょっと違うからこそ気が散っちゃうことの方が多くてw

しかし今回で3回目、大分わかってきたので無邪気に楽しめるようになりました!
しっかりと内面的に、物語を楽しみました。

映画と違って、より際立っているのはアナの孤独感です。
「生きている人間と話すことがあまりなくて」
というセリフが印象的でした。

両親も亡くし、エルサは扉を閉ざして遊んでくれない。
お城で戴冠式を迎えるまで何年も、少ない使用人としか絡んでこなかったという…
がーっとまくし立てて話したかと思うと、すぐに謝って訂正したり、忙しいアナです。
それもコミュニケーション不足ゆえ、と思うと切ないです。

ハンスに騙されても仕方ないといいますかw
ハンス自身も、兄達から相手にされなくて孤独。
あたたかい家族像に憧れている2人が、すぐに仲良くなる理由も納得です。

エルサのアナへの気持ちも、舞台版の方がより丁寧です。
エルサの内面を表わすための曲もちゃんとあります。

アナをとても大事に思っている、自分の本当の力を話せたらどれほど楽かと。
戴冠式でうたう「デンジャラス・トゥ・ドリーム」も聞き惚れます。

エルサの葛藤は、2幕の「Monster」という曲にも現われています。
ぶちおは、この曲好きですw
自分が死ねば、この吹雪は止まるのか。
いや、生きて何とかしなければ。
それでもアナを結果的に傷つけて、悲嘆に暮れます。
ぐっとくるぅ。

あともう1曲、1幕でクリストフとアナが歌う「ホワット・ドゥ・ユー・ノウ・アバウト・ラヴ?」
愛の何が分かる?
ロックっぽいビートで、一緒にシャウトしたくなります。

れりごーの印象が強すぎて、舞台用の新曲がかすんでいましたw
が!
慣れてきた今、やっぱりいい曲だなと感じることが出来ました。

クリスタルギャラリー アナと雪の女王 スヴェン

新品価格
¥1,872から
(2021/11/28 02:45時点)

スヴェンの体力

スヴェンに限り、役者さんが結構頻繁にかわっています。
数日連続で出ているスヴェンを、見たことがなく…

ただの憶測ですが、めっちゃ体力消耗するんだろうなと!
ライオンキングのキリンの何倍なのかな…
スヴェン、体にかかる重さが凄そうだし、でも舞台上をトナカイらしく駆け回ってるから。

オラフに負けず、スヴェンにときめく人も多いと思います。

トイレの構造

トイレの話かい!なのですが、トイレの話で確信したことがあるので書きますw
四季劇場春と秋は、階数が違います。
春は3階、秋は2階です。

女子トイレの話ですが、ぶちおは『オペラ座の怪人』に通いまくっているので秋によく行きます。
そこでふと、開演前にトイレに行った時に、テープで仕切られた向こう側にもたくさんのお客さんがいました。
2階フロアの女子トイレの入り口は一カ所…
この人たちはどこから入ってるのかなーと。

そして今回、春劇場のトイレに行った時に確信!
春劇場の女子トイレへの行き方はとても複雑です。
ロビーの奥からスロープで、結構な斜面をくだっていきます。
そう、2階に下りて行っているのです!

ぶちおが秋劇場で見た、どこから来たのかな?と思っていたお客さんは春劇場の人達だったのです!
秋劇場のトイレに幕間に行った時に、アナ雪の歌声がめっちゃ聞こえていたのも納得です。
女子トイレを共有しているのですもの!
ちょっと向こうに春のステージがあるのだもの!

公演の開演前と終演後にそれぞれ手前側の個室しか使えないのも、テープをこえたら違う劇場に迷いこんでしまうからw
一番トイレが混み合う幕間の時は、個室を全解放します。
ただし、この休憩時間も各劇場が交差しないようにされています。

アナ雪 開演13時
オペラ座 開演13時半

それぞれ多少の差はありますが、1幕は約1時間です。
アナ雪の休憩が終わった頃に、オペラ座の休憩が始まるのです!
効率化されている劇場のトイレについての、どうでもいい話でしたw

シルバニアファミリー 家具 トイレセット カ-606

新品価格
¥609から
(2021/11/28 00:16時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-劇団四季
-,

© 2022 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5