小説

ぶちおの本棚

『5分後に意外な結末 ベスト・セレクション 黒の巻』さくっと読んで、想像力を全力刺激!ちょっとビターな内容です。

2021/11/11    , ,

ぶちおです。今回は講談社刊『5分後に意外な結末 ベスト・セレクション 黒の巻』をおすすめしていきます。学研から刊行されているシリーズを、再編集された作品とのことです。電子書籍で、セールになっていたので ...

ぶちおの本棚

『異端の祝祭』この世とあの世の境。日本と西洋の文化の混合。のまれた人々は助かるのか…

2021/11/10    , ,

ぶちおです。今回は角川ホラー文庫刊『異端の祝祭』をご紹介します。発売前から、界隈がざわざわと注目していた作品でやっとこ読了しました。カルト的な儀式に巻き込まれた妹を心配した兄が、心霊関係の問題を解決す ...

ぶちおの本棚

『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』童話の世界にも犯罪あり!名探偵赤ずきんの諸国巡り!

2021/10/1    , ,

ぶちおです。今回は『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』をご紹介します。みんなが知っている、あの童話の世界で事件が多発!どこぞの名探偵ばりに事件に巻き込まれます。赤ずきんの衝撃的な旅の目的とは何なのか ...

ぶちおの本棚

『人間の顔は食べづらい』グロ描写に、倫理度外視の法律に。ゲテモノミステリ-と言ってもいいじゃろか

2021/9/23    , ,

ぶちおです。今回は『人間の顔は食べづらい』をおすすめします。とんでもない衝撃作でした。タイトル通り、人間を食べる社会での殺人事件。予想以上にグロい、暴力描写等はありますが、こんな設定だからこそ生まれた ...

ぶちおの本棚

『蒼海館の殺人』闇落ちしてしまった高校生探偵?!自然の脅威と戦いながら連続殺人の謎に迫る!

2021/9/21    , ,

ぶちおです。今回は阿津川辰海 先生の『蒼海館の殺人』をご紹介します。前作は『紅蓮館の殺人』、迫り来る山火事の恐怖と戦いながら事件に挑みました。※『紅蓮館の殺人』記事はこちらそして今作は、その表紙から想 ...

ぶちおの本棚

『死相学探偵最後の事件』シリーズ最終巻!黒術師との決戦へ、弦矢俊一郎は仲間たちと挑む。

ぶちおです。ついに、ついに読んでしまった、『死相学探偵最後の事件』!死相学探偵シリーズの最終巻です。シリーズ8作目は、本当に過去シリーズからのすべてがつまっています。シリーズを通して黒幕だった黒術師と ...

ぶちおの本棚

『恋に至る病』人間がもつ悪意と好意、どちらがより深いのか。

2021/8/14    , ,

ぶちおです。今回はメディアワークス文庫刊、斜線堂 有紀『恋に至る病』をご紹介します。Twitterで、重版止まらず!の煽り文言を見てすぐに買っちゃいました。気になったらとりあえずゲットがモットーですw ...

ぶちおの本棚

『九孔の罠 死相学探偵7』ラストへ向かい集結する欠片!今回の死相もこわい…

ぶちおです。今回はシリーズで追いかけている『九孔の罠 死相学探偵7』をご紹介します。死相学探偵はこの次の巻で完結します。ラストを前に、今までの総決算的な立ち位置の作品でもあります。今作も恐ろしい死の罠 ...

ぶちおの本棚

『八獄の界 死相学探偵6』死へと導くバスツアー。深い霧の中、峠を彷徨う恐怖。

ぶちおです。今回は『八獄の界 死相学探偵6』をご紹介します。これまでにも読了のたび、死相学探偵シリーズはおすすめしてきました。ちょっと活字から離れていましたが、シリーズ読破まで続けますw前回の記事はこ ...

ぶちおの本棚

『ルビンの壺が割れた』終始感じる違和感と、その結末!深夜に読んで鳥肌ぞわり…

2021/7/25    , ,

ぶちおです。今回は宿野かほる先生『ルビンの壺が割れた』をご紹介します。夜の書店をぷらついていて、エンド台に積まれていました。黒と黄色の表紙もあいまって、目をひかれました。ポップには【ラスト4行の大どん ...

© 2022 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5