ぶちおの本棚

『異端の祝祭』この世とあの世の境。日本と西洋の文化の混合。のまれた人々は助かるのか…

Pocket

ぶちおです。

今回は角川ホラー文庫刊『異端の祝祭』をご紹介します。
発売前から、界隈がざわざわと注目していた作品でやっとこ読了しました。

カルト的な儀式に巻き込まれた妹を心配した兄が、心霊関係の問題を解決する事務所を訪れます。
所長と助手は、妹の足跡を追っていくのですが…
ホラー要素とともに、読者が誤誘導される描写もあります。
騙されず、真相に辿り着くことは出来るのか?!

異端の祝祭 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥673から
(2021/10/31 20:24時点)

こんな人にオススメ

☆ホラーが好き
☆斬新な宗教設定にも寛容
☆コワイだけじゃなく、推理も楽しみたい
☆ジャパニーズホラー的なねっとりが好み

書籍概要

◆作品名 異端の祝祭
◆著者  芦花公園
◆出版社 KADOKAWA

失敗続きの就職浪人生・島本笑美。
原因は分かっている。彼女は物心ついた時から生きている人間とそうでないものの区別がつかないのだ。
街に溢れ返った異形のモノたちは、自分の姿が見えていると分かるや否や、笑美に纏わり付いてくる……。

ある日、ダメ元で受けた大手食品会社「モリヤ食品」の面接で、笑美はヤンと名乗る青年社長と出会う。
出会ったその瞬間から、何故か自分に惚れ込んでいるヤンに心奪われ、笑美はそのままモリヤに就職することを決める。
しかし「研修」という名のもと、ヤンに伴われて笑美が見たのは、「ケエエェェェエコオオォォオオ」と奇声をあげながら這い回る人々だった――。

一方、笑美の様子を心配した兄・陽太は、心霊案件を専門とする佐々木事務所へ相談に訪れ……。

ページを開いた瞬間、あなたももう「取り込まれて」いる。
カクヨム発の「ほねがらみ」がTwitterでバズり大反響! ネット民を恐怖の底に叩き落とした驚異の新人作家が放つ、民俗学カルトホラー!

Amazon『異端の祝祭』作品内容より

『異端の祝祭』ぶちおの読書感想文

それでは、『異端の祝祭』を読んだ感想をば。
書誌の説明を読んだ感じだと、やばい儀式に巻き込まれて、その儀式の真相を暴くのかという感じで構えていました。
が、結構しょっぱなから罠は仕掛けられていました。
第1章の大切さよ!言われていたのに!
1ページ目からあなたは、騙される的なキャッチも見ていたのに!!

第1章は、笑美の主観で書かれています。
地元では地味でいじめられていて、いつも1人でいる。助けてくれるのは家族だけ。
大学は閉塞的な地元から出て東京へ、ただ今度の壁は就活でした。
笑美はコミュニケーション不足だったため、勉強が出来るだけでは内定をもらえない現実がありました。

何十社も落ちたのに、大手が笑美を面接して、しかもその場で採用されます。
社長ではないのに、社長と呼ばれる不思議な青年・ヤンに見初められるかたちで。このヤンが怪しすぎます。
怪しいけど、謎の魅力があります。

研修では泥をこねて動物を作ったり、不思議な塔が作られるのをただ見守っていたり。
目的のわからない、目的を誰も教えてくれない儀式に通う笑美…
しかしヤンの不思議な魅力の虜になり、笑美はとうとう消息を絶ちます。

第2章では笑美の兄が、心霊関係の問題を解決してくれる事務所所長のるみに依頼をしてきます。
民俗学の知識も豊富で、オカルトにも強いるみは兄の話を聞いてすぐに笑美の救出に動きます。
ここで語られる笑美の兄が謎の儀式に潜入した話は、とても気味の悪い話です。
高額なバイト料で集められた人々は、5種類の動物のチームに分けられ、またも意味不明な作業をやらされます。
精神に異常をきたしそうな泣き声、怪異のオンパレードです。
最初の参加人数も半分に減っていて、単に帰ったのか、儀式の犠牲になったのか…

とにかくやべーことをヤンが笑美を使って企んでいる雰囲気は分かります。
が、儀式の内容から、使われる言語から、おおよそ計り知れないものなので恐怖をあおります。

ヤンの願望は、ぜひその目でご覧いただきたい!
カルト、悪魔払い、救世主の誕生、日本の奇祭、生贄、人心掌握術など、もりもりの要素がどんどん繋がっていくのが爽快でした!

こんなも作品もおすすめ

『異端の祝祭』を読んで、ぶちおなりに選書してみました。

ほねがらみ (幻冬舎単行本)

新品価格
¥1,426から
(2021/10/31 21:17時点)

『ほねがらみ』
『異端の祝祭』の作者、芦花公園先生の作品です。
民俗学、蛇の伝説など、『異端の祝祭』に通じるスパイスが入っています!

名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫)

新品価格
¥979から
(2021/10/31 21:06時点)

『名画の謎 旧約・新約聖書篇』
『異端の祝祭』では、るみの助手の青山の実家が教会です。
キリスト教の要素からのアプローチで、この怪異の突破口を模索します。
中で綴られる内容は、宗教画のモチーフにもよくあるなぁと思いました。

二階の王 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥752から
(2021/10/31 21:08時点)

『二階の王』
家庭内のちょっとした問題は、どこにもあると思います。
『異端の祝祭』でも、笑美やるみの家族の描写が出てきます。
身近な恐怖は、家の中にあるのかもしれません…

GS美神 極楽大作戦!!(1) GS美神 (少年サンデーコミックス)

新品価格
¥462から
(2021/10/31 21:10時点)

『GS美神 極楽大作戦!!』
悪魔払い、悪霊払いというワードが出てきたら、やっぱりこの作品が出てくるぶちおです。
世界各国の除霊方法が見応えありです。
コメディタッチも多いので、ホラーの合間の息抜きにオススメです。

まとめ

『異端の祝祭』
本当にこわいのは、最終章だったような気が、ぶちおはします。
本当は真相もわかり、事件も解決して安心するはずの結びの章ですが…
え、そんなこと言ってたの…こわ…
という不安な気持ちになって、本を閉じました。

土着の信仰が、実は海外の信仰が起源だったりして面白いですよね民俗学。
気軽に参加しているお祭りとかも、実はこういう意味があって…とか興味は尽きません。

『異端の祝祭』というタイトルの通り、ここで綴られた異端とは何のことだったのか…
何を祝うための祭りだったのか…

異端の祝祭 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥673から
(2021/10/31 20:24時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-, ,

© 2021 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5