ぶちおの本棚

『蒼海館の殺人』闇落ちしてしまった高校生探偵?!自然の脅威と戦いながら連続殺人の謎に迫る!

Pocket

ぶちおです。

今回は阿津川辰海 先生の『蒼海館の殺人』をご紹介します。

前作は『紅蓮館の殺人』、迫り来る山火事の恐怖と戦いながら事件に挑みました。
※『紅蓮館の殺人』記事はこちら

そして今作は、その表紙から想像する通り!とてつもない濁流が館を襲います。
迫るタイムリミットと、次々に起こる事件。
孤立した館、連続する事件が気になる方は是非!

蒼海館の殺人 (講談社タイガ)

新品価格
¥1,210から
(2021/8/29 18:44時点)

こんな人にオススメ

☆前作『紅蓮館の殺人』を読了している
☆高校生探偵ものが好き
☆事件は多発して欲しい
☆二転三転して、ゆさぶられたい

書籍概要

◆作品名  蒼海館の殺人
◆著者   阿津川辰海
◆出版社  講談社

館が沈めば、探偵も、犯人も、全員死ぬ
濁流押し寄せる館の連続殺人。
雨が止むころ、僕らは生きているのか。
☆☆☆
2019年『紅蓮館の殺人』(講談社タイガ)がスマッシュヒットを記録し、
2020年『透明人間は密室に潜む』(光文社)が続々ランクインの26歳による最高傑作!

☆「2021本格ミステリ・ベスト10」(原書房)国内ランキング 第1位
☆「このミステリーがすごい! 2021年度版」(宝島社)国内編 第2位
☆「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)第2位
☆「ミステリが読みたい! 2021年度版」(ハヤカワミステリマガジン)国内篇 第3位
☆☆☆
学校に来なくなった「名探偵」の葛城に会うため、僕はY村の青海館を訪れた。
政治家の父と学者の母、弁護士にモデル。
名士ばかりの葛城の家族に明るく歓待され夜を迎えるが、
激しい雨が降り続くなか、連続殺人の幕が上がる。
刻々とせまる洪水、増える死体、過去に囚われたままの名探偵、それでも――夜は明ける。
新鋭の最高到達地点はここに、精美にして極上の本格ミステリ。

Amazon『蒼海館の殺人』作品内容より

『蒼海館の殺人』おすすめしていきます

当然といえば当然ですが、前作『紅蓮館の殺人』は読み終えているのをオススメします。
『蒼海館の殺人』は、前作の数ヶ月後の物語です。
そして主人公も、前作からの流れをくんでいます。
ところどころ、前回の事件について触れているので未読で読み進めていくのは、少ししんどいかもしれません。

紅蓮館の殺人 (講談社タイガ)

新品価格
¥957から
(2021/8/29 19:22時点)

『紅蓮館』の事件で、高校生でありながら名探偵の葛城は不登校に。
主人公の僕・田所は同じ事件を経験して、葛城の心の傷も一番よくわかっている。

前作では高校生探偵として、ズバズバ推理していた葛城が廃人のようになっています。
自分が真相を暴いたことに対しての後悔が、葛城を引きこもりにしています。

名探偵といえば、自信家が多いイメージですよね。
犯人を指さして、トリックを暴き、自分の推理を見せつける。それが名探偵のイメージです。

それが、葛城は…
高校生らしい繊細さと危うさでしょうか、後悔しまくって自分が何をすればよかったのかを問いかけ続ける。
謎をといても、被害者は生き返らない。
被害者を出す前に、事件が起きる前に阻止することが名探偵なのではないか。
葛城の豹変っぷりと、以前の葛城に戻ってほしい田所の願いが痛々しいです。

葛城の様子を見に、葛城邸に赴いた田所と三谷。
折しもその日は、葛城の祖父の法要で葛城親族が集合しています。
葛城曰く、『嘘つきの一族』
田所から見れば、隙のない一流の名家。
政治家、大学教授、弁護士、警察官、トップモデルの親族たち。
人当たりもよく、模範的なホームドラマを見ているようなやりとり。
それがどこか空々しく、作り物のようにも見える。

葛城の様子を見たら、すぐに帰ろうと思っていた田所たちですが、運悪く台風はもうすぐそこまで来ていたのでした。
超強力な台風の接近により葛城邸から逃げることも出来なくなります。
まさに前作同様の、自然災害の脅威に追い立てられます。
そんな中、起こる連続殺人。
ぶちお興奮の、連続!事件です。

この怪しい親族たちの本音は何なのか、犯人は誰なのか。
こんな状況だから、犯人はこの邸の中にいるはずじゃ!!!

どうしてこんな台風が来て、避難している状況で事件が起きるのか。
もうここからわくわくして推理しましょう。
伏線、しっかりあちこちありますよ!

殺人事件が起きた部屋の描写だけではなく、葛城邸に行くまでにあった出来事も疑っていきましょう。
しっかりそのつもりで読んだぶちおですが、犯人当てられずw
全然無関係な人間を犯人として、読んでいましたw
ごめん、濡れ衣かけまくってた!

離れで起きた殺人、謎の爆発、台風による水害、田所が来る前から起こっていた葛城邸の窃盗被害、途中でであった村の子供の言動…

自信を失った葛城に、もう一度輝きを取り戻してもらうことは出来るのか!?

阿津川辰海作品

『蒼海館の殺人』の作者、阿津川辰海先生の作品をまとめました。

星詠師の記憶

新品価格
¥2,090から
(2021/8/29 19:29時点)

『星詠師の記憶』
予知能力と、ミステリーの融合作です。
ミステリー作品に、意外と予知や予言が絡んだ作品って多いですよね。
やはりちょっとした超常現象はスパイスになります。

非日常の謎 ミステリアンソロジー (講談社タイガ)

新品価格
¥726から
(2021/8/29 19:31時点)

『非日常の謎 ミステリアンソロジー』
阿津川辰海先生の短編が読めます!
アンソロなので、他作家さんの作品も楽しめます。

別冊文藝春秋 電子版35号 (2021年1月号) (文春e-book)

新品価格
¥499から
(2021/8/29 19:32時点)

『別冊文藝春秋 電子版35号』
表紙にどどん!とありますが、斜線堂有紀先生との対談が掲載されています。
若い世代のミステリー作家の顔に迫れます。

透明人間は密室に潜む

新品価格
¥1,760から
(2021/8/29 19:34時点)

『透明人間は密室に潜む』
赴きの違う短編がぎゅぎゅっとつまっています。
法廷ミステリーとみると、やはり逆転裁判が脳裏をかすめるぶちおです。

まとめ

『蒼海館の殺人』
今回の犯人、本当ーーーーーの悪人です。
サイコパスとか、異常者とかいう言葉では足りないくらいの悪人です。

葛城はじめ、一族の面々はいい人の顔しか見せてくれません。
そんな中に、こんな悪人いたなんて!というのが正直な感想です。
でも、見抜けなかったなー最後までこんな奴がいたなんてぇと、悔しさもあります。

殺人事件も気になる点ですが、田所が頑張る姿に心打たれます。
ある人物との対決シーンは、かっこよかった!

濁流にのまれかける邸で、ほくそ笑む悪人の正体。
是非お楽しみください(`▽´)

蒼海館の殺人 (講談社タイガ)

新品価格
¥1,210から
(2021/8/29 19:36時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-, ,

© 2021 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5