アフィリエイト広告を利用しています

劇団四季

2022/12『アラジン』観劇。2022年の観劇おさめは抱腹絶倒ジーニーで〆ました!

Pocket

ぶちおです。

年末最後の観劇は『アラジン』!!
2023年は8月下旬まで『アラジン』は保守点検期間ということで、年内ラスト観劇の演目にしました。
次は早くても9月以降の観劇となります。寂しいです…が、また会う日まで待ちますとも。

ランチは毎度お馴染み、新橋のおくうで極上お肉を焼きました~。

キャスト

まずはキャストをば!

キャスト表
破壊力抜群

今回は友人HiGEのキャストボードverもupします。

キャストボード
海劇場キャストボード

今回は、なんと…
男性アンサンブルがマイナス1名!
開演してから気付きました…
『アラビアンナイト』の時に、針の上を倒立で進むシーンがあるのですが、
上手側で倒立する人がぽっかりといなくて、あれ?となりました。

その後はとくに感じなかったのですが、2幕の『ハイアドベンチャー』の時、
カシーム、オマール、バブカックと戦うお城の役人は各4人ずつなのですが、
バブカックに対峙していたのは3人でした。

観劇後に過去のキャスト表と比較したら、男性アンサンブルがマイナス1名でした。
ただ観劇していても、この2カ所くらいしか気付かなかったです。
アンサンブル達のドタバタ部分は、いるメンバーでフォローしあったということですよね。
ゴイスー!

主要キャスト、瀧山ジーニー&厂原アラジンは数年ぶりでした!
個人的に最強タッグと認識しております。

牧野ジャファーも相変わらずの緩急が素晴らしく、
平田ジャスミンはお転婆小悪魔プリンセスが可愛く、
岩崎カシームは相変わらずの兄貴っぷりがかっこよかったです。

ちなみに平田ジャスミンと、岩崎カシームは、『アラジン』観劇の約2週間前に『美女と野獣』に出演されていました。
平田ベル、岩崎ルミエールを、違う舞台で見られて感動です。
何役もこなしている、本当に素晴らしき!ぶちお脱帽です。

劇場内
座席からパチリ

今回は1階の中央ブロック、上手寄りでした。
舞台はこんな感じで見えました。

感想

今回は瀧山ジーニーが優勝ですw
久しぶりでしたが、スーパージーニーになっていました。
日本人とは思えないと言ったら変な表現ですが、本物のジーニーですか?と思いましたもの!

オープニングの口上から、客席の空気が作られていきます。
そこからジーニーとはしばしお別れですが、アラジンがランプをこすったら全力で登場してくれました。
第一声、「Pow!!!!!!!
劇場内に響き渡って、大爆笑です。
あれ?マイケルジャクソン来た?って思うくらいの、「Pow!!!!!!!」です。
気のせいか、エコーのかかり方すら特別に感じました。

ここからは瀧山ジーニーのノンストップ爆笑タイムです。
見たこと無いアラジンとのシンクロした一礼とか、
アドリブ満載なのですが、厂原アラジンとのあうんの呼吸がたまりません。
というか厂原アラジンも途中でこらえきれず笑っているようでしたw

『フレンドライクミー』では、見えないところでも何かごそごそしている瀧山ジーニー。
座席が上手よりだったからこそ見えたのですが、
ぎりぎり見えるセットの後ろで使い終わったアラジン人形と料理のドームカバーを持って首をかしげていましたw
何が気になったのでしょうw

ダンスの最中もずっと声を飛ばして楽しそうに踊り続けるジーニー。
そしてラストのロングトーンも完璧に歌っていました!
ビッグでデラックスなナンバーでパーフェクトなジーニー、カッコ良すぎる!!

1幕ラスト、瀧山ジーニーは厂原アラジンの腹筋を「プー」と言いながら何回か押して遊んでいました。
どんな遊びなんだwそしてめっちゃ楽しそうwww

マイクオフの部分も気が抜けません。
2幕の牢屋のシーンでカシームをドアで挟んじゃった後、小さい声で「すみません、大丈夫ですか?」と言ってました。
ジーニー優しいw

ジャファーを倒した後、ハッピーな雰囲気の最中に、ジーニーはサルタンの頭をよしよししていました!
アラジンとジャスミンのほんわかを見守っている時、そっとサルタンに寄り添っているなぁ~と思っていたら、
そのまま頭撫でてましたw
で、あ、つい!みたいな表情してました。ぶちお達もその動作に気付いて笑いをおさえるの大変でした。
本当は主人公たちの恋の行方を見守らないとなのですが、瀧山ジーニーに目がいっちゃう!

改めてジーニーのアドリブ範囲の広さを実感しました。
そしていかに客席を惹きつける巻き込み力が必要なのかと。
パワーとチャームの怪物、それがジーニーなのでしょう。

高音と低音をいったりきたりしながら、歌って笑かして時に泣かせてくるスキルがえげつないです。
客席全体がジーニーとお友達になったような気持ちになったと思います。

平田ジャスミンは、小悪魔っぽさ炸裂してました。
そして元気w
召使いと話しているシーンは、女子高生の会話みたくきゃっきゃと本当に楽しそうでした。
よく動く、というと変な感じですが
ちょっとしたタイミングで軽やかターンしたり、アクティブガール感もありました。

アラジンと市場を回っている時も、アラジンの話を半分も聞いていない感じというか、
アラジンが振り回されている感じが出ていました。
おさるの即興芝居は過去一の憑依型で笑いましたw
目もイッていたようなw
突き抜けジャスミン、素晴らしかったです。

ランチ

観劇前には、いつもの『おくう』新橋店で焼き肉ランチを堪能しました。
※ぐるなびはコチラ

おくう
駅チカおくう
おくう
ランチはお手頃価格で
おくう
極上ランチを堪能
おくう
脂がのってて超美味

まとめ

2022年のラスト観劇は、とてつもなく素晴らしい『アラジン』で幸せでした!
破壊力抜群の布陣で、観劇前からわくわくが止まりませんでした。
そして観劇後も体ぽかぽかでした。

2022年は2度の退職体験をしたりと個人的に怒濤だったので、『アラジン』に癒されまくってよかったです。

ジーニーの言葉も刺さりました。
〝権力やお金は何の意味もない。欲しいのは自由だよ〟

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-劇団四季
-,

© 2023 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5