ぶちおの本棚

『江戸の検屍官』被害者の声を聞き、真実を明らかに!江戸情緒を堪能できるミステリー。

Pocket

ぶちおです。

今回は『江戸の検屍官』をご紹介しようと思います。
店頭で働いていた頃、おじさん達がシャカリキに買っていったのを覚えています。
あれから10年以上経って、電子でカラーも収録されているのを知りイッキ読みしました。

遺体の状況から謎を解明するドラマは、江戸時代にもあったのです!

【カラー完全収録】江戸の検屍官(1) (コンパスコミックス)

新品価格
¥550から
(2022/8/26 00:23時点)

こんな人にオススメ

☆江戸時代設定がたまらない
☆ミステリーものが好き
☆科捜研とか、法医学とか見ちゃう
☆知識欲を刺激したい

書籍概要

◆作品名  江戸の検屍官
◆著者   高瀬理恵
◆出版社  コンパス

【時代劇×検屍×ミステリー!異色テーマを描いた超人気シリーズが電子配信!】現代の捜査では常識である【検屍】。実はこの考えは江戸時代から実在した!検屍バイブル「無冤録述」を片手に北町奉行所に勤める北沢彦太郎は、同僚ですら嫌がる《検屍》に熱を上げ、周囲からは変わり者扱いされている。それでも北沢の心に灯るのは、無念に散った死者達の死の真相を闇に埋もれさせぬという熱き思い。そんな北沢を助けるのは検屍と女が大好きな医師・玄海、異才を放つ天才女絵師・お月。二人の協力を得て、北沢は死体に残された僅かな証拠から真相を暴き出す――!江戸川乱歩賞受賞作家・川田弥一郎の小説を高瀬理恵が精緻かつ華麗なタッチで描き出す。

Amazon『【カラー完全収録】江戸の検屍官(1)』作品内容より

ぶちおの読書感想文

『江戸の検屍官』
現代に当たり前なことが、昔はどうしてたんだろう、と思うことがあります。
最近はテックの進歩も凄いですからね。

ぶちおが小さい頃は、スマホなかったわけです。
プッシュ式すら珍しくて、黒電話とか公衆電話をジーコジーコしていました。
推理力も必要なポケベルとか、家の固定電話も子機の誕生ですげー!と驚いてましたし。
電話1つとっても、人生の中でこんなに変遷しているんです。

100年前、300年前ってどうしてたんだろうと。
考え始めるとキリがないくらい楽しいです。

過去を思い、わくわくさせてくれるのが本作『江戸の検屍官』です。
江戸時代の検死について、色々な手法を教えてくれます。
江戸時代の検死の教科書となった『無冤録述』を倣いながら、北町奉行所同心の北沢彦太郎が臨場して、
変死体の謎を解決していきます。
死亡推定時刻はどうやって?毒殺されたかどうかの判定はどうやって?を教えてくれます。

わくわく江戸単語がたくさん出てきます。
現代の裁判所的な役割、遠山の金さんでお馴染みのお白洲や、
同心、与力、岡っ引きといった当時の組織体系も学べます。
ためにしかならないです。
悪党には十手で対応しちゃうぞ!御用だ御用だ!と、読むだけで江戸時代に飛びます。

主人公の北沢は、検屍に全身全霊をかけています。
連絡を受ければ、どんなに状態がよろしくない遺体もじっくりと検分します。
被害者の死因をしっかりと解明することが何より大事です。

自殺にしか見えない井戸の中の死体、落雷にうたれ事故死に見える死体、
死後に損壊された死体、事の最中に死んだと見られる死体…
一筋縄でいかないような事件が、江戸ではひっきりなしじゃよ!

医師の玄海は、北沢の良きお友達ポジです。女好きでしょうもないところもありますが検屍の腕は確かです。
Wチェック的として、玄海と北沢で確認しながらつぶさに調べていきます。
たまに推理を披露して、そこから先は医師の仕事じゃないとたしなめられることもしばしば。

ヒロインの絵師、お月は若くて美人、仕事の腕もピカイチです。
遺体を見て、生前の似顔絵を描くのがめっちゃ得意です。
遺体は形相が変わっていたり、死に方によっては原型が崩れていることもあります。
が、どんな状況でも、復元することが可能なのです。

さらに、人から聞いた情報から描き起こす似顔絵も、生き写しと言われるくらいにめっちゃ似ています。
カメラやコピー機がない時代、絵師がその役目をになっています。
この能力が捜査の役に立つ!ということで、北沢、玄海とともに現場に臨場するようになります。

お月には裏の顔もあります。
表だって売ることが憚られる枕絵、あぶな絵、残酷絵を描いちゃいます。
現代でいうお子様が見てはいけない、18禁作品という感じです。
GIRIGIRIな絵師です。
洞察力、想像力、技術力の賜物ですが、役所として全面OKといえない絵を販売しては北沢を困らせます。

春画、無残絵はぶちおも好きで何度か見にいったことがあります。
怖いもの、見てはいけないものには、引力がありますね。うんうん。
お月も自らが描きたいものを純粋に追求していきつつ、ちょっと色恋もあったりで華を添えます。

素敵トリオの、江戸ミステリーをぜひ!
原作小説も好評配信中です。

江戸の検屍官 闇女 (講談社文庫)

新品価格
¥922から
(2022/8/26 01:00時点)

こんな作品もおすすめ

『江戸の検屍官』を読んで、当時の生活事情がどんどん気になっちゃう。
痴情のもつれっぷりは、現代とはまた違う!
もっと江戸を知ることが出来そうな作品を選書しました。

江戸の色町 遊女と吉原の歴史 江戸文化から見た吉原と遊女の生活

新品価格
¥1,683から
(2022/8/26 01:06時点)

『江戸の色町 遊女と吉原の歴史 江戸文化から見た吉原と遊女の生活』
一大歓楽街、実際はどんな街だったのか。
売れっ子になるには見た目だけではないんやで。

江戸の女性たちはどうしてましたか?

新品価格
¥1,881から
(2022/8/26 01:08時点)

『江戸の女性たちはどうしてましたか?』
人には聞けない、あんなこと、こんなこと、江戸時代はどうだったのか?
なんの根拠がなくても、当時の人の欲望を満たすあれこれ。

春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,001から
(2022/8/26 01:10時点)

『春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界』
当時のえっちなイラストといえば、春画じゃ!
紙と筆と墨で表現された芸術品です。

血と狂気に彩られた浮世絵(無惨絵傑作選)

新品価格
¥406から
(2022/8/26 01:12時点)

『血と狂気に彩られた浮世絵(無惨絵傑作選)』
「血まみれ芳年」をはじめ、奇才の絵師たちの作品が一挙に見られます。
エロス担当が春画であれば、グロ担当が無残絵です。

まとめ

『江戸の検屍官』
江戸時代の生活も学べて、ちょっとした検屍の知識も身についちゃう!
ぶちおは、「へぇ~ほぉ~くぅ~」と息もれまくりでした。
江戸時代に転生したら、この作品で得た知識を活用したいと思います。

完全犯罪なんて企むと、同心にしょっぴかれて、コンプラ違反の尋問されちゃうよ!

【カラー完全収録】江戸の検屍官(6) (コンパスコミックス)

新品価格
¥550から
(2022/8/26 01:01時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちらs

-ぶちおの本棚
-, ,

© 2022 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5