ぶちおの本棚

『四隅の魔 死相学探偵2』やったらダメと言われるとやりたくなるのが人の性。降霊術にはご用心!

Pocket

ぶちおです。

『死相学探偵』シリーズ完結を記念して、1作目から読み返して読破を目指しています!
数年ぶりに、紙本から電子書籍を買い直して懐かしさを感じながら追っています。

2作目は大学のサークルで怪事件が起きます。
一種の降霊術を試した夏休み、参加したメンバーが続々と…

今回もぶちおの個人的感想とともにご紹介します。

『死相学探偵』シリーズ1作目『十三の呪』の感想はこちら

四隅の魔 死相学探偵2 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥614から
(2021/1/31 22:29時点)

こんな人にオススメ

☆死相学探偵にはまった
☆ホラー、オカルトが好き
☆クールな探偵が好き
☆被害者は続々が好み

書籍概要

◆作品名  四隅の魔 死相学探偵2
◆著者  三津田信三
◆出版社 KADOKAWA

「百怪倶楽部」はオカルト好きな男女が集まった大学のサークル。女子寮の地下室で「四隅の間」という遊びをしている最中にメンバーの一人が突然死してしまい……死相学探偵・弦矢俊一郎が真相を追う。

Amazon『四隅の魔 死相学探偵2』作品内容より

ぶちおの感想

それではここからは、読了したぶちおの感想を連ねていこうと思います!

死相学探偵、弦谷俊一郎は今作では後半に登場します。
前半は、大学の寮生に起きた怪事件が書かれています。
読者は探偵のかわりとなって、大学で起きた事件を追っていきます。

自分が探偵となって、謎を解くつもりで挑みましょう。
ぶちおは、ただひたすらに事件が目白押しでたじたじでした。

過去に起きた自殺にはじまり、サークルの活動中に続々と襲いかかる怪事件。

俊一郎のもとに、この怪事件の相談者が行くまでに4人は変死しています。
自殺だったり事故死だったり、病死だったりで事件として捜査はされていません。
死因も別ですし、そもそも狙って人を殺すことなんて出来るのか…
普通だったら出来ないですが…

俊一郎が死視した結果、サークルのメンバーには死相がしっかりと出ています。
当然、こんなに狭い範囲で短時間に何人も人が死ぬなんてそうそう起こりえません。

何かよからぬものが憑いているのではないか…
事件が起きた側には黒い女の姿が目撃されます。

この黒い女が、魔物なのか…

依頼人からの話を聞き、寮を調査しながら、俊一郎は事件を解決出来るのか!
これ以上の死人は出したくない!!出してはいけない!!
ドキドキです。

単純に幽霊とか魔物、という解決ではないところが良いです。
そして、今作もしっかりと条件や時系列を整理して考えれば怪しい人物に気づけます。

ぶちおは以前に1度読んでいるので、おぼろげに覚えていた部分もありました。
しかし最後は、「あぁ、そっかぁ」とペチリとおでこを叩きました。
読み返しても、面白い作品の証です。

シリーズ2作目なので、1作目からの登場人物も出てきます。
相変わらずの掛け合いにほっこりします。
人間模様も加わって、シリーズに深みが増したことを実感しました。

こんな漫画もおすすめ

今回は降霊術がキーになりました。
降霊術、ホラー要素こいめの作品を選定しました。

地獄先生ぬ~べ~ 1 地獄先生ぬ~べ~ (ジャンプコミックスDIGITAL)

新品価格
¥680から
(2021/1/31 22:53時点)

学校の怪談や噂話を題材にしたジャンプの名作『地獄先生ぬ~べ~』です。
とりわけ、細川美樹という女の子が怪しげな儀式をして、たくさんやらかします。
こっくりさんや、合わせ鏡などなど。
続編やスピンオフも出ていますので、是非!

伊藤潤二傑作集(4) 死びとの恋わずらい (朝日コミックス)

新品価格
¥693から
(2021/1/31 23:01時点)

ホラー漫画界の巨匠、伊藤潤二先生の傑作集はどの巻もオススメです。
ぶちおはイッキに全巻購入しました。

傑作集4巻に入っていて表紙にも描かれている美少年の話は、オカルトめいているのが突出していると感じています。
あ、何かたぎってきたので伊藤潤二先生記事はまた別でUPしたいと思います。

伝説のサスペンス&ホラー ベスト・オブ・恐怖傑作選 血の章 (なかよしコミックス)

新品価格
¥462から
(2021/1/31 23:15時点)

ぶちおの年代の女性は垂涎ものではないでしょうか?
なかよしで掲載されていた、短編のホラー漫画がなんと電子書籍で配信されています!
毎年、夏のなかよしのふろくで入っていて作品が再編集されています。
何度も読み返していました~。懐かしいです。
まさに伝説!

まとめ

真っ暗な地下室で起きた怪死。
その事件から、うろつき始める黒い女の影。
恐怖が伝播して、夢と現実の境もワカナクナッテイク…

最後にずばっと事件を解決する主人公は、1作目からの成長が著しいです。
おお!探偵感が5割増しじゃないか!かっこいいぞ!
と心の中で叫んでいました。

刑事を従えて、事件を解決する。
死相学探偵の成長を見られると思います。

ホラー要素に、探偵要素が素晴らしく配合されているので面白かったです⸜(*˙꒳˙*  )⸝

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-, ,

© 2021 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5