buchio

ぶちおです。このブログでは本の感想文、劇団四季の観劇記録、愛鳥たちの日常などをUPしています。書店員歴19年、傍らには常に本を。好きなものに囲まれたい (*•ө•*)
電子書店のディレクター時代、本を好きでもない勢力と全面バトルの経験あり。当時抱いた復讐心を今も忘れていない

ぶちおの本棚

『47歳、V系』老いに抗い悩める子羊、実は自分に正直に生きる理想像。努力に完敗!

2024/6/29    ,

ぶちおです。おすすめ完結漫画のご紹介です!今回は『47歳、V系』全5巻ぶちおが書店をちょろちょろしていると、何かと目にはいってくる作品だったのでGetしました。タイトルそのまま!47歳でヴィジュアル系 ...

ついにパソコンに乗り、ぶちおのリモートワークを監視するようになった愛鳥すだち

ぶちおです。今日も今日とて、愛らしいボディを見せつけてくる愛鳥たちの写真をUPしていきます! リモートワーク監視員 ぶちおは、完全リモートワーク継続しています。たまーーーーにしか出社しないので、愛鳥た ...

ぶちおの本棚

『鳥ジャンキーズ』鳥飼いの日常がつまびらかに!ぶちおも愛鳥を吸って吸って吸って…

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『鳥ジャンキーズ』作者の空廼カイリ先生の実体験といってよきかと思います。愛鳥を愛でている鳥飼いさんの日常、インコを嗅いで癒される日常、迷惑行為すら愛おしい日 ...

よもぎは愛鳥の中で一番大人です。すだちに我慢しつつ、可愛く甘えてくれる。よもぎSP!

ぶちおです。定期的にやっている、よもぎにスポットを当てた記事です。可愛がっていない訳ではない、ただすだちという嫉妬神がよもぎを追い払ってしまうのです。そっと控えめに佇んでいるよもぎ、一番頭のいいよもぎ ...

ぶちおの本棚

『ゆびさきと恋々』読んでいて本当にキュンで死にかけるって、あるんです!試してみて欲しい!

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『ゆびさきと恋々』作者は森下suu先生!集英社マーガレット時代からヒット作を生み続けている人気作家さんです。講談社デザートでの連載作『ゆびさきと恋々』、ほん ...

日常

ことりカフェ上野にて。キンカカーニバルを満喫してきました!

ぶちおです。夏が急に終わってしまった感がありますね。過ごしやすくなってきて、久しぶりにアクティブになってみようかな!と思い、ことりカフェに行ってきました。9月はキンカカーニバルなる祭典をやっていました ...

ぶちおの本棚

『君ノ声』ホロっときちゃう…こんなに健気な子!大正時代、心の声を知れる2人の恋路やいかに!

2024/6/29    ,

ぶちおです。おすすめ完結漫画のご紹介です!今回は『君ノ声』全6巻自分の成功のために政略結婚を目論む男と、虐げられ続けてきた令嬢のひたむきな気持ちが交錯します。ここ最近で、一番応援したくなっちゃうヒロイ ...

愛鳥たちのシングルショットシリーズ!1羽で佇んでいるだけでも、もうめんこいのだ。

ぶちおです。今日も今日とて、愛鳥たちを愛でる日々です。毎日見てもめんこい。それが愛鳥です。それではUPしていきます。 わさび部門 布ちぎり中 ただ、モフる 口に千切った布 わさびは、イケメンです。お顔 ...

ぶちおの本棚

『死相学探偵最後の事件』シリーズ最終巻!黒術師との決戦へ、弦矢俊一郎は仲間たちと挑む。

ぶちおです。おすすめ小説のご紹介です!ついに、ついに読んでしまった、『死相学探偵最後の事件』!死相学探偵シリーズの最終巻です。シリーズ8作目は、本当に過去シリーズからのすべてがつまっています。シリーズ ...

鳥にもそれぞれ個性がある!ひたすら囓りまくる愛鳥たちのルーチン。

ぶちおです。コザクラインコは破壊活動が好きです。なんでもかんでもかじる、ちぎる、ひっぺがす。メスはかじったものを巣材にしたりするので分かるのですが、ぶちおの愛鳥は全員オス。オスだけども、かじりまくって ...

ぶちおの本棚

『恋じゃないなら名前をつけて』令和の等身大の主人公がすべてを捨てたら…モテ期きたやも!

2024/6/29    ,

ぶちおです。おすすめ完結漫画のご紹介です!今回は『恋じゃないなら名前をつけて』全4巻略して『恋つけ』です。ふと、1巻の書影から何となく気になって…イッキ読みしました。ぶちおは純愛とか、恋愛どっぷり系の ...

ぶちおの本棚

『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』読むと心が軽くなる、金言がつまっております。

2024/6/29  

ぶちおです。おすすめ本のご紹介です!今回は『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』繊細さんというワードも定番となってきました。考えすぎちゃう、悩んじゃう、自分が嫌になっちゃう時にそっと小脇に携えて ...