buchio

ぶちおです。このブログでは本の感想文、劇団四季の観劇記録、愛鳥たちの日常などをUPしています。書店員歴19年、傍らには常に本を。好きなものに囲まれたい (*•ө•*)
電子書店のディレクター時代、本を好きでもない勢力と全面バトルの経験あり。当時抱いた復讐心を今も忘れていない

ぶちおの本棚

『極楽青春ホッケー部』唯一無二の食っちゃ寝ヒロイン!ホッケー要素は微々たる配合!

2024/6/29    ,

ぶちおです。おすすめ完結漫画のご紹介です!今回は『極楽青春ホッケー部』全14巻1巻が出たのは2005年!時の早さに驚きです。当時の別フレで一番好きだった作品で、本誌のプレゼント企画でQUOカードが当た ...

日常

四季劇場横にある、メズム東京に宿泊!素敵なホテルをご紹介します。

2024/6/11    

ぶちおです。四季劇場春、秋のすぐ横にある『メズム東京』に泊りました!目的は期間限定で1日1室の、『オペラ座の怪人』コラボルームです。こんなイベントが無ければ、ぶちおのような庶民には縁遠いような高級ホテ ...

水もしたたる、びしょびしょなよもぎSP!画面から、少しでもこのくちゃさが伝われば!

ぶちおです。気付くとフォルダに、黄色い妖精よもぎの濡れ場写真がたまっていました。今回は、キレイキレイした後のよもぎの姿をUPしていきます。 SUZURIで販売中ステッカ- びちょ濡れカキカキ お風呂に ...

ぶちおの本棚

『針子の乙女』語り継がれるおとぎ話のよう。薄幸の少女は、小さな針を武器に戦う!

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『針子の乙女』のコミカライズ版転生して、とんでもない魔力をもったお針子としての人生がスタートします!シンデレラのような展開です。不遇な状況からいっきに才能を ...

ぶちおの本棚

『ホテル・インヒューマンズ』殺し屋愛用のホテルには、最上級のコンシェルジュを!意外にも泣けちゃう。

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『ホテル・インヒューマンズ』【インヒューマン】の意味は、ヒューマンの非定形なので人間ではない、怪物、冷酷といった意味だそうです。すなわち、人間には思えないよ ...

カゴの中でもまったりくつろぐ愛鳥たち。テントとイカの使い方を披露します。

ぶちおです。我が家の愛鳥たちも、カゴの中で大暴れするなんてこともないくらいダンディに成長しました。カゴの中での時間の使い方をUPしていきます。 基本のテントイン おじいちゃんたちなので、テントでくつろ ...

ぶちおの本棚

『花燭の白』冷淡な鬼と、花を咲かせ続ける少女。謎の病に倒れた弟を助けるため、契約結婚を選択する。

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『花燭の白』鬼と少女の偽装結婚といいましょうか。謎の病から弟を助けるために荒ぶる鬼どもを屠る、体から無数の花を咲かせる少女を奪い合うやばい人達と、要素がもり ...

ぶちおの本棚

『悪役令嬢転生おじさん』ちょっとオタクな52歳公務員の転生物語。おじさんスキルでイケメン攻略しちゃうのか!

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『悪役令嬢転生おじさん』もはや鉄板ジャンルとなった異世界転生もの、悪役令嬢というジャンルももう定着しつつあります。たくさんの転生作品がありますが、本作の主人 ...

10月最後の日も、まったりコザクラインコ愛鳥記録!よもぎとの和解全記録。

ぶちおです。今回も愛鳥コザクラインコの近況をUPします。よもぎとの和解と書きましたが、ほぼ毎日よもぎとはすれ違っている気がしますw仲良くしたいのですが、嫉妬の神ことすだちのせいでこじれるのです。早速U ...

劇団四季

2021/10 劇団四季『オペラ座の怪人』今月2回目の観劇!久しぶりの岩城ファントム&特別カーテンコール!

ぶちおです。10月、2回目となります。劇団四季『オペラ座の怪人』に行ってきました!なんだかんだ、もう来年1月に会えなくなると思うと、行く頻度があがっている気がします。そして今回の観劇は、東京公演1周年 ...

ぶちおの本棚

『往生際の意味を知れ!』元カノからのトンでも依頼。美しき復讐者と、一途な従者は思いを遂げるか!?

2024/6/29    ,

ぶちおです。おすすめ完結漫画のご紹介です!今回は『往生際の意味を知れ!』全8巻アメトーーク!!の漫画大好き芸人で紹介されていて、気になった作品です。テレビではぼやかされていた部分に触れるので、ネタバレ ...

ぶちおの本棚

ホラーが好きなら外せない伊藤潤二作品!日常に潜む恐怖を体感できます、美少女もおすすめポイント☆

2024/6/29    ,

ぶちおです。今回はホラー界の巨匠、伊藤潤二先生作品をご紹介しようと思います。がっつりホラー、時にSFチック、緻密な点と線で描かれる恐怖は唯一無二です。この記事を書くにあたり、持っている作品を改めて読み ...