ぶちおの本棚

『モンキーピーク』シリーズ3作。山で、森で、洞窟で。繰り広げられる惨劇!

Pocket

ぶちおです。

今回は『モンキーピーク』『モンキーサークル』『モンキーピーク the Rock』のシリーズ3作をご紹介しようと思います。
猿のこわさを代表するのは、猿の惑星か、モンキーピークかとぶちおは認識しています。
自然の檻に閉じ込められたら最後、強大な猿の怪物に襲われて…
誰から犠牲になっていくのか、真相を見抜くことができるのか。

シリーズいっき読み、推奨です。

こんな人にオススメ

☆パニックホラーが好き
☆不死身の怪物とか、興味津々
☆グロくても大丈夫
☆人間の汚い部分も受け止める

『モンキーピーク』

モンキーピーク 1

新品価格
¥299から
(2022/7/31 01:08時点)

◆作品名  モンキーピーク
◆著者   志名坂高次/粂田晃宏
◆出版社  日本文芸社

社員の結束を高める為の、登山レクリエーション。
雄大な自然を感じる爽やかな山は、夜と共に惨劇の舞台と化す!
藤ヶ谷製薬36名が体験した、未体験の悪意とは…!?
凍牌の志名坂高次が初の原作を手がけ、俊英・粂田晃宏が入魂の筆致で迫る。
戦慄と衝撃の山岳パニックホラー開幕!!

Amazon『モンキーピーク 1』作品内容より

全12巻。
バケモノ猿との死闘は、ここからはじまります。

製薬会社のレクリエーションとして、登山をすることになった40名。
ハイキングレベルの散策を楽しんで、ひとつめの山を全員が無事に登頂します。
深夜、目が覚めた早乙女が見たのは、大きな異形の影…
翌朝、大きな刃物で切り刻まれた4人の死体が見つかります。
昨晩見た異形がやったんだと思い、急いで下山をすることに。

しかし、あちこちに罠が仕掛けられ、社員はどんどん犠牲になっていきます。
体躯は大きく、光る目、簔のようなものをまとい、強靱な力をもった大きな猿、のようなもの。
この山の魔猿の伝説が現実になったのか。
生き残りをかけて、全力登山!!

早々に遭難して、とにもかくにも猿から逃げようとします。
しかし自然の山なので、気温、天気、地形、様々なアクシデントがつきものです。
物語が進むと、仲間同士でスパイ疑惑が持ち上がったり、猿には明確な意思のようなものを確認することがあったり。
ただのバケモノとの戦いから、人間同士の心理戦になっていきます。

食糧も水も尽き、衣服すらも奪い合いに…
極限のストレスにさらされると、幻覚、被害妄想にも襲われます。
あちこち敵だらけ!
何もしなければ、殺される。
でも信用できる人間はいるのか?!

てか、猿のバケモノって一体なんやねん!
猿だけど武器も使ってきます。新種の猿なのか?あやかしなのか。
どうして40名が執拗に狙われているのか。

遭難して一週間、警察や救助隊も入山しますが、まさかの返り討ちにあいます。
そんなことまで出来るの、猿?!
戦慄の登山の記録です。

モンキーサークル

モンキーサークル 1

新品価格
¥301から
(2022/7/31 01:28時点)

◆作品名  モンキーサークル
◆著者   志名坂高次/粂田晃宏
◆出版社  日本文芸社

謎の猿人を撮影する為、
鬱蒼とした森を訪れた10人の動画配信者グループ。
モラル無き一同の前に、その“猿”は現れ、
森は、人は、殺意と恐怖に包まれる…!!

志名坂高次&粂田晃弘の最強タッグが描く、
「モンキーピーク」の正統外伝!!
もう一つの“鬼猿”物語が動き出す!!

Amazon『モンキーサークル 1』作品内容より

全2巻。
魔猿が森で起こしていた連続殺人の記録です。
『モンキーピーク』と『モンキーピーク the Rock』をより深く知るためには必須の作品です。

奇怪な猿伝説につられ、森にわけいった10名の若者たち。
動画を撮影しながら、猿の痕跡を探し、奥深くへと進みます。
途中で熊に出くわし、一目散に車に乗り込むも身動きが出来ず…
そこに現われたのが、あのバケモノ猿だったのです!!

相変わらずのパワーで、熊も簡単にひねり殺す猿の脅威。
早く街に戻りたいと思いつつも、この猿を撮影したらいい金儲けになる!
欲に駆られて撮影中止はせず、猿を追いかけて行きます。

若さゆえの愚かさじゃよ。
死んだらお金なんて意味ないのにのう。
と、謎の視点でぶちおは読んでいました。

猿に弄ばれる人間たち、この魔猿はやはり『モンキーピーク』に登場したあの猿だったのか…
ラストに出てくる山小屋、人物のセリフは要注目です。

これって、まさか…

モンキーピーク the Rock

モンキーピーク the Rock 1

新品価格
¥330から
(2022/7/31 01:37時点)

◆作品名  モンキーピーク the Rock
◆著者   志名坂高次/粂田晃宏
◆出版社  日本文芸社

岩砕山の惨劇を越え、平和を取り戻した早乙女達。
しかし行方不明になった友・宮田を救う為、早乙女は猿の探索隊に加入することに。
猿の研究者、政府主導の精鋭部隊、早乙女。総員20名。
いま再び、彼らに死を運ぶ“猿”の恐怖が襲い掛かる──!!
戦慄の洞窟パニック、開幕!!

Amazon『モンキーピーク the Rock 1』作品内容より

全9巻。
ついにシリーズ最終章です。
過去作で残されていた謎が解明します。

バケモノ猿の正体、生態について。
そしてこの猿を使役している人間の存在、目的。

山、森に続いて、今作の舞台は洞窟です。
さらに逃げ道がなさ過ぎる!
光のない洞窟の中で、パニックが感染していきます。

『モンキーピーク』では社内の仲間、『モンキーサークル』は動画撮影仲間と、
ある程度顔見知り、関係性がある者同士で逃げていました。
今作は、まったく面識のない者たちの集まりです。
かなりのハンデが最初から課せられています。

『モンキーピーク』事件以降、魔猿は有名になり、世間の関心が高まりました。
そしてこの魔猿を研究するために、猿の痕跡があった洞窟にはいっていきます。
早乙女は猿と対峙して生き残った人物として、アドバイザーとして同行します。
猿への知識、経験を元に今回もサバイブ頑張ります。

バケモノ猿は、変異種も登場します。
いつもの大きい強靱なあのバケモノ猿も健在です。
さらにさらに、小猿もわさわさ出てきます。

狭い洞窟の中で、多勢に無勢とはまさにこのこと!
研究の対象ということで、猿をなるだけ生け捕りにしろという政府のオーダーもついています。
殺さなきゃ殺されるっていう状況なのに、使用許可を出されているのは麻酔銃のみ。
正気か?!
しかも麻酔が効くのは、5分後。
そのあいだ、猿は大暴れで被害拡大します。
でも政府のお偉いさんは断固、猿殺害NGの姿勢です。

またしても、猿よりも厄介なのは人間説。

まとめ

『モンキーピーク』『モンキーサークル』『モンキーピーク the Rock』
全部で23巻の、猿猿パニック譚です。
自然ってこわいんやで。

猿の襲撃がなくても、軽装備の人間が自然の中で夜を過ごすだけで死と隣り合わせです。
飢えや渇きが増していけば、どうにかして口減らしをしたいと思うもの…
騙しあい、罵り合い、殴り合い、貶め合う。
人間の狂気も、ご堪能あれ!

モンキーピーク 12

新品価格
¥594から
(2022/7/31 01:48時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-, ,

© 2022 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5