ぶちおの本棚

『死相学探偵最後の事件』シリーズ最終巻!黒術師との決戦へ、弦矢俊一郎は仲間たちと挑む。

Pocket

ぶちおです。

ついに、ついに読んでしまった、『死相学探偵最後の事件』!
死相学探偵シリーズの最終巻です。
シリーズ8作目は、本当に過去シリーズからのすべてがつまっています。

シリーズを通して黒幕だった黒術師と、いかなる結末を迎えたのか!
核心のネタバレはしないようにしつつ、ご紹介していこうと思います。

死相学探偵最後の事件 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥828から
(2021/8/8 17:08時点)

こんな人にオススメ

☆当然、死相学探偵シリーズを読破している
☆最終決戦というワードが好き
☆ホラーテイストにも強い
☆連続殺人ものに目がない

書籍概要

◆作品名 死相学探偵最後の事件
◆著者  三津田信三
◆出版社 KADOKAWA

黒術師の居所を探し、候補地である孤島に渡った黒捜課のメンバーと、俊一郎と祖父母たち。そこで待ち受けていたのは、どこか奇妙な言動のスタッフたちと、次々と発生する不可解な連続殺人事件だった――。

Amazon『死相学探偵最後の事件』作品内容より

『死相学探偵最後の事件』オススメしていきます!

シリーズ最終巻ということで、本当に集大成です。
死相学シリーズだけではなく、三津田先生の他作品からもちらほらゲストが登場します!
名前や作品名がちょろちょろっと出てくるので、おお!とファンは喜ぶと思います。
同作家内コラボ、これだけでも価値はとてもあると思います。

事件の黒幕としてやりたい放題していた黒術師との対決になります。
前作までで、黒術師につながるピースはだいぶ集まっていました。
黒術師も自分の近くに、捜査の手が及んでいることも感じ、真っ向勝負を挑んできます。

死相学探偵の弦矢俊一郎、俊一郎を支える祖父母、黒術師を追っている警察組織黒捜課の4名を孤島に招待します。
その孤島はまさに黒術師のテリトリー…
どんな罠が仕掛けられているか、分かりません。
逃げるという選択肢もなく、黒術師の犯罪を阻止するために死相学探偵一向は孤島に向かいます。

もう、孤島に関係者全員集合って!
逃げられない、外からの助けは来ないで、ミステリー好きとしてはわくわくです!

孤島には、黒術師が集めたスタッフが6名います。
この6名の中に黒術師のスパイがいるのか、弦矢たちの味方とは限りません。
どの人物もなんとなく怪しい雰囲気たっぷりです。

そして起こる連続殺人…
今回は最終決戦ということもあり、犠牲者が出るスピード感もハンパではないです。
息つく暇もなく起こる事件を止めることが出来るのか!

作品は前半と後半に分けられます。
前半は孤島で起こる事件推理パート、後半は黒術師との戦いパートです。

黒術師の行動を冷静に推理していくと、黒術師が何者なのかわかります。
ぶちおはシリーズをあまり時間をあけることなく読んだので、過去の伏線もわりと覚えていました。
なので!
黒術師が誰なのか当たりましたよ!!!
ぶちおの脳みそでも、解けた!嬉しい!!!

シリーズを通して弦矢俊一郎の成長や、周囲の人物との信頼を読者はおってきました。
黒術師の脅威は、弦矢俊一郎の身近な人にも牙を剥きます。
犠牲を出さずに勝てることは出来るものなのか…いや…

最後の章で、読者がおってきたこれまでの物語がなんだったのか分かります。
ぶちおは読了後、やっぱり寂しい気持ちが強かったです。

三津田信三作品

『死相学探偵最後の事件』を読んで、シリーズ完結なので!
三津田先生作品をあげていこうと思います。

死相学探偵(1) (ヤングマガジンコミックス)

新品価格
¥693から
(2021/8/8 17:37時点)

『死相学探偵』
まずは、コミカライズ版を紹介させてくださいw
文字が苦手だわーという方のために、コミック版が出ています!
刊行スピードは少し遅いですが、雰囲気はつかみやすいと思います。

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)

新品価格
¥608から
(2021/8/8 17:45時点)

『忌館』
作家三部作の記念すべき一部目です。
主人公はまさかの作家自身?!現実と非現実の境目がどんどん分からなくなっていく作品です。

厭魅の如き憑くもの 刀城言耶シリーズ (講談社文庫)

新品価格
¥809から
(2021/8/8 17:46時点)

『厭魅の如き憑くもの 刀城言耶シリーズ』
名探偵、刀城言耶が活躍するシリーズの一作目です。
この刀城言耶とぶちおが出会ったのは、まさかの『名探偵コナン』のカバー裏でした。
青山先生がおすすめの作品を紹介しているのですが、そこで刀城言耶が紹介されていてw
日本の暗~い田舎の古~い言い伝えとの融合が特徴です。

禍家(まがや) (光文社文庫)

新品価格
¥550から
(2021/8/8 17:50時点)

『禍家』
身近すぎる「家」にまつわる怪異。なんとなく覚える既視感、違和感…
どうしてこの「家」に、奇妙な感覚を覚えるのか…
読むと、自分の家すらこわく思えてきます。

まとめ

『死相学探偵最後の事件』
はじまりがあれば終わりがある…
あーついに好きなシリーズが終わってしまったー!という気持ちがあります。

たくさんの怪事件を一緒に解決してきた仲間とともに、最大の敵である黒術師との戦いの結末がここにあります。
今までのどの事件も欠けてはいけない。
愛猫の僕にゃんも大活躍します!!!

死相学探偵、ありがとうございました!!

死相学探偵最後の事件 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥836から
(2021/8/8 17:52時点)

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-ぶちおの本棚
-,

© 2021 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5