日常

フィクションに染まりすぎた、どうしようもない発想力 

Pocket

ぶちおです。

虫歯治療、引き続きしています。

一番酷い大穴があいていた箇所は、治療から数ヶ月経過しても特に痛みがぶり返すこともなく。
順調です!
痛みがまた出なければよしなので、経過観察中です。

そちらがある程度片付いたので、今は別箇所の治療をしています。
大分昔に治療した虫歯治療の箇所ですが、経年劣化してきたので改めて詰め直す作業です。

治療箇所は右下の奥から二番目です。
劣化していた詰め物をまず全部除去します。
その後、薬を詰めてもらい、仮の詰め物を入れています。

今はここまでの行程をしてもらいました。
次回以降、仮の詰め物部分をちゃんと成型していきます。

医師からは「仮期間だからあまり右側を酷使しないように」と注意されました。
鏡で見てもざっくり詰められているのが分かります。

試しにのりたまを食べたら、詰め物の隙間に大量ののりたまが詰まっていました。
仮の状態なので、致し方なしw
この後綺麗に詰め直すまでは、割らないように気をつけつつ、歯磨きで汚れをとっていくことに努めるしかないです。

そんな時、ふと思い出したことが。
小説やドラマで、捕まった後に犯人が自殺して秘密を墓場まで持って行くシーン…


……

ぶちおのこの歯の状態だと出来るのか!
と興奮しました。

のりたまを毒薬に変えて、その上に詰め物をかぶせて成型してもらう。
仮の詰め物は弱い素材なので、固いものを嚙んだり、力を加えるとポロっととれます。

強く噛みしめることで、かぶせた詰め物がとれて毒薬が口内に…

ぶちお調べによるとこういう死に方をする犯人は、自ら死にたいと思っているのではなく、黒幕がいてもしもの時にはこの方法で自害しなさいとそそのかされている事が多数です。
黒幕を信奉しきっていて、黒幕を助けたいという気持ちで奥歯に仕込んだ毒薬で自らの口を塞ぐこともあります。

はぁはぁ。
ぶちおの実体験に、小説等で見たあの光景がリンクしました!
なるほど、こういうことか!
技術的には出来るんだな!もちろんやらないけど!

と、詰まったのりたまを見てこんなアホなミッシングリングに興奮したぶちおの日常でしたw
今日も平和です。

大体は、護送車だったり独房だったりで見る光景です。
本格的な取り調べや裁判の前に、何も語らないまま去って行くのが犯人。

警察は、身体チェックしました!凶器は持っていなかったのに!
歯に毒薬を仕込んでいたのか…これで謎解明は遠のいた…黒幕を絶対捕まえる!という感じでしょうか。

ルパン三世も色々なツールを口内に仕込んでますw

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-日常
-, ,

© 2021 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5