buchio

ぶちおです。このブログでは本の感想文、劇団四季の観劇記録、愛鳥たちの日常などをUPしています。書店員歴19年、傍らには常に本を。好きなものに囲まれたい (*•ө•*)
電子書店のディレクター時代、本を好きでもない勢力と全面バトルの経験あり。当時抱いた復讐心を今も忘れていない

ぶちおの本棚

『泥濘の食卓』毒親、毒同級生、毒上司、毒のオンパレード。破綻の道を回避できるのか。

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『泥濘の食卓』人間のどろっと模様が好きな方、たまらないかもしれません。なんでこういう事になっちゃうんだろう…ちょっとした毒が交差すると、こうも絡まって闇深く ...

日常

大杉神社へ悪縁切りへ。その流れで牛久大仏横をドライブ~年内ラストの厄除けです。

2024/6/11  

ぶちおです。年末を目前に控え、悪縁を切ろうぜ熱が再燃したので、茨城県の大杉神社へドライブに行きました。※大杉神社についてはこちらつい先日も、悪縁切りのために訪れて、器をたたき割りました。良き年を迎える ...

ぶちおの本棚

『デジタルリセット』人生のリセットボタンを何度でもぽちる。憧れの機能を現実に。

2024/6/22    ,

ぶちおです。おすすめ小説のご紹介です!今回は『デジタルリセット』第41回横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈読者賞〉受賞作です。日常に溶け込む連続殺人鬼のルールとは。幾度も名前をかえ、人生リセットを ...

今年も残りわずか。我が家のコザクラ達は年末でも元気に活動中です。

ぶちおです。あっという間に2022年も終了です。ぶちお的にはしれっと転職したのが、最大の変化だったでしょうか。まぁリモート勤務に変化はないので、あいかわらず愛鳥とべったり過ごしています。今回もきままな ...

劇団四季

2022/12 劇団四季『美女と野獣』舞浜公演観劇。ルミエール&コッグスワースの強烈コンビにやられました。

2024/6/10    ,

ぶちおです。今回は12月に観劇した劇団四季『美女と野獣』について、記していきます!過去2回の観劇の時と、ガラッとキャストさんが変わりました。もはや別物の舞台とと思えるくらいの強烈なインパクトでしたwい ...

ぶちおの本棚

『神様の裏の顔』通夜で顔をあわせた面々、故人を偲ぶ中、ある疑惑が広がっていく。

2024/6/22    ,

ぶちおです。おすすめ小説のご紹介です!今回は『神様の裏の顔』ふわーっと電子書店を彷徨っていて、出会った作品です。(ミステリーのセールでした)後から知ったのですが、第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作です ...

ぶちおの本棚

『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』猫のいる暮らし、想像以上にハードでメロウ!

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン!』もはや猫漫画界隈では超有名作品ですが、改めて推していきたい所存です。フルカラー、写真も掲載されています。ぽんたとの壮絶 ...

日常

メンタルヘルスマネジメントⅡ種合格!そして『鬼滅の刃』脱出めも

2024/6/11    , ,

ぶちおです。2022年11月に、メンタルヘルスマネジメントⅡ種の試験を受けてきました。どんな資格があるのかな~とネットを彷徨っていて出会いました。内容はその名の通りで、部下をもつマネージャーポジション ...

ぶちおの本棚

『invert 城塚翡翠倒叙集』シリーズ第2作、またしてもしっかり騙されましたとも!

2024/6/22    ,

ぶちおです。おすすめ小説のご紹介です!今回は『invert 城塚翡翠倒叙集』城塚翡翠シリーズの第2作目です。前作でとんでもない驚きの展開を見せてくれました、そして今回もまた、しっかりハメられました… ...

唯一のきーきー組、よもぎの日常。お仕事したり、宿敵と戦ったり充実しています。

ぶちおです。我が家のコザクラインコ、きーきー組のよもぎは最年長です。来た時はずんだちゃんという相方がいたのですが、ずんだちゃんが早世で…後から来たみどみど組を見守る立場となりました。わさびにちょっと好 ...

ぶちおの本棚

『葬偽人』葬式で人の真価が問われる?!さぁ、自分の葬儀のお時間です!

2024/6/30    

ぶちおです。おすすめ漫画のご紹介です!今回は『葬偽人』誰もが一度はふと考えたことがあるかもしれない…自分が死んだら、みんなどう思ってくれるんだろう。俯瞰で自分の葬式を見てみたい…悩みを抱える人を救う、 ...

ぶちおの本棚

『変な絵』ブログに残された奇妙な絵。絵をつないでいくことで、鳥肌すぎる事実が…

2024/6/22    ,

ぶちおです。おすすめ小説のご紹介です!今回は『変な絵』前作、『変な家』は台本のようなテキスト会話形式でしたが、今作は小説形式になっています。読みやすさはそのままに、四章に別れていますが、最後すべてがつ ...