リス

日常

歯医者通い ~遂に崩落~

Pocket

ぶちおです。

【歯医者通い ~悪魔の住処~】の続きです。

前回の記事はこちら→https://bu-chi-o.com/daily-023/

遂にぶちおの歯痛の原因ではないかと思われる、
左上奥歯の大穴が発覚した前回。

まずは敵の力量を見る為、CTを撮影することになりました。
レントゲンは2Dですが、CTだと3Dで見えるという良い点が!

前回通っていた病院では、レントゲンだけでは原因がわかりませんでした。
今回は徹底的に痛みの原因究明が目的です。
なかなかの出費でしたが、やむなし!!!

歯を一本一本撮影してもらいました。
後日、撮影した画像とともに大穴の診察の続きです。

『科捜研の女』など、ドラマで見たことある歯の画像に感動しました。
3Dなので、くるくる歯を回して色々な角度で見ていきます。

そして、問題の歯を診ると…
空いてます。
空洞が、ぽっかりと…

歯茎の境目、さながら洞窟のように…

先生曰く、CTでもはっきりと見えない部分まで
穴が進行している可能性があるとのことでした。
穴の浸食具合は、しっかり開いてみないと分からないそうです。


大穴の治療日が来ました。

麻酔をして、左上の歯の感覚がなくなります。
穴の場所が一番左上の奥歯、そして頬側なので、
鏡越しにしか見えません。
また頬肉があたり、治療の邪魔になります。

口内に鏡IN。
頬を内側から押し上げる器具もIN。

先生から、左に引っ張る力が加わりますが、
負けずに右を見続けてくださいとの指示。

大穴治療の為の戦いがはじまりました。

正直、大穴の治療は麻酔も効いていて、
痛みは感じませんでした。

どちらかというと、ほっぺたをパンパンに引っ張られていた方が
じんじんと痛みました。


(ハムスターやリスは、ほっぺたこんなもんじゃないなぁ~)
と、小動物の神秘に気をやってやり過ごしました。

治療後、撮影していた治療動画を見せてもらいました。
大穴との対峙を、自分の目で確かめる時です。

先生が説明してくれます。

「開いてみたら、予想よりも深いところまで穴は進行していました。
神経も一部やられてしまっていて。
これは歯なんだけど、進行しているせいで…」

器具がコリコリと歯の表面をなでます。
たったそれだけで、

ぶちおの歯はもろくも崩れていったのでした…

歯医者通い ~自分を信じる~ へ続きます。

~ぶちおのグッズはこちら
📚ぶちおの本棚記事一覧はこちら
🐥鳥記事一覧はこちら
🌞日常記事一覧はこちら
✨劇団四季一覧はこちら

-日常
-,

© 2021 ぶちおの部屋 Powered by AFFINGER5